むくみよさらば!スリムなボディ探求

ふくらはぎを細くするには?

まず、マッサージとしては両手でふくらはぎを挟むように、足首から上に向ってちょっと強めに押し流します。

 

次に両手ともげんこつで下から上に押しずらしいきます。

 

次はふくらはぎをぞうきんのように見立て、ぞうきんを絞る感じで絞りながら上に。

 

ふくらはぎのうち側の骨にそって上に上げていきます。

 

これはリンパ刺激のためのマッサージですが、この4つを左右10回ずつ行ないましょう。

 

そして、足の指をぐるぐる手でまわしましょう。

 

また、ふくらはぎの後を伸すことでダイエットにもなりますので、ふくらはぎの後を伸すように椅子に座っていてもつま先を90度に曲げたりしましょう。

 

また、ウオーキングでもちょっと早めで大股に歩くことでふくらはぎエクササイズになりますので、歩くようにしましょう。

 

その他、靴に対してもきついものは避け、長時間の高いヒールも絶対に血流を悪くしますので、ヒールを持ち歩き、長時間履くのは低い履きやすい靴を履くようにしましょう。

 

ちょっとだけこうした工夫をするだけでも、だいぶむくみは変わってきます。

 

寝る前の水分補給は避けますが、1日の水分摂取量は老廃物を流すという理由から多めに摂りましょう。

 

摂取する水分は冷たいものは避け、温かいものにするようにしていきましょう。

 

水分が不足することで代謝が悪くなりますので、それもむくみには大敵です。

 

もちろん過度な食事制限も代謝を悪くするので要注意ということですね。

 

冷え性はどうしてもむくみにつながってしまいますので、なるべく冷え性にならないような食事も工夫しましょう。

 

 

脚を細くしたいなら

 

脚を細くしたいと思わない女性の方が少ないのではないでしょうか。

 

でも、やっぱり気になるのはふくらはぎや足首の太さです。

 

ふくらはぎにも理想サイズがあるんですよ。

 

身長(?)×0.2=理想的ふくらはぎの太さとなります。

 

とは言っても身長もそれぞれちがいます。

 

膝下の長さの割合も違います。

 

膝下のかたちだって違います。

 

ということで、ふくらはぎの理想の太さと言っても、あまり意味がないのですが大まかな目安として覚えておきましょう。

 

筋肉が無くてぼてっとしている人、筋肉がつきすぎ落ちなくて太い人、体全体に太っているということもあります。

 

またふくらはぎが太い多くの原因にむくみがあります。。

 

むくみは血流が悪くなると、どうしても体の下の方に老廃物と余分な水分を溜めてしまいます。

 

7割の女性はふくらはぎにむくみがあると言われているほど、女性にはむくみが多いようです。

 

ふくらはぎは第二の心臓と言われています。

 

心臓はポンプですから、体の先の先まで血液を送っているわけです。

 

体中をぐるっと回ってまた戻すわけですが、戻ることができずに下の足に溜まってしまうということです。

 

ふくらはぎの筋肉がポンプの役目をするなんて知っていましたか?

 

この筋肉が下のポンプで心臓まで水分、老廃物などの入った血液を押し上げるという力が働きます。

 

つまりふくらはぎの筋肉はきちんとついていることが、むくまないことでもあるのです。

 

しかし、筋肉も固い筋肉ではなく柔らかい状態にしておくことがポンプが働きます。

 

ガチガチで固まってしまった筋肉は筋肉として役割を果たさないのです。

 

むくみを取るとめにも筋肉をやわらげるにも、ふくらはぎマッサージを行なうようにしたいものです。